小遣い稼ぎdeこづかいネット

小遣い稼ぎdeこづかいネット> 「ページ外要因」と「ページ内要因」

「ページ外要因」と「ページ内要因」

SEO対策には「ページ外要因」と「ページ内要因」を考慮する必要があります。
ここでは「ページ外要因」と「ページ内要因」を説明します。

○ ページ外要因

自分が運営するホームページをいじるのではなく、
自分のホームページ「外」をいじることで「ページ外要因」をよくすることが出来ます。

「ページ外要因」を良くする代表的な方法は相互リンクです。
多くのホームページにリンクしてもらうことで「ページ外要因」がよくなります。
さらには、CGIやPHPなどの動的なページからのリンクよりも、
HTMなどの静的なページからのリンクのほうが有効であると考えられています。
ですから相互リンクをするときにはなるべくHTMLのページからリンクしてもらうことが有効です。
 →CGI、PHP(動的なページ)とHTML(静的なページ)
 →相互リンクの方法

「ページ外要因」が大きく影響する検索エンジンはGoogleです。
Googleではページランクを確認することで「ページ外要因」を確認することができます。
 →ページランクについて

MSNはそこそこ影響すると考えられています。
 →Yahoo(YST)、Google、MSNの違い

「ページ外要因」を確認するツールもたくさんありますので、駆使して「ページ外要因」をよくしましょう。
 →SEO対策ツール集


○ ページ内要因

「ページ内要因」とは自分のホームページを工夫することでよくすることが出来ます。
「ページ外要因」と違い、自分の手で工夫が出来るので簡単かもしれません。

一番の「ページ内要因」をよくする方法はすばらしいサイトを作ることです。
情報量の充実・オリジナルコンテンツの充実・見やすいページの作成など、
自分が見てすばらしいと思うサイトを作ることで「ページ内要因」を良くする事ができます。

またテクニックとしてはタイトルタグ、強調タグの挿入などがあります。
きれいなHTMLを書くことも重要です。

「ページ内要因」が大きく影響する検索エンジンはYahoo(YST)です。
MSNはそこそこ影響すると考えられています。
 →Yahoo(YST)、Google、MSNの違い

「ページ内要因」を確認するツールもたくさんありますので、駆使して「ページ内要因」をよくしましょう。
 →SEO対策ツール集


SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO